妊娠線予防クリームとは

妊娠線予防クリームさえ塗っていれば、絶対に妊娠線が出来ないかというと、決してそんなことはありません。
妊娠線予防クリームは、魔法の薬ではありませんから、妊娠線予防クリームを塗っていれば、どんな食事をしていても、どんな生活をしていても、どんなに体重が激増しても、妊娠線が予防できると考えるのは間違いです。
そもそも妊娠線というのは、妊娠により急激にお腹が大きくなっていくのに、お腹の皮膚がついていけず、悲鳴をあげて亀裂を起こした状態ですから、妊娠線予防クリーム以前に、まず体重の管理、それが妊娠線を予防するための第一条件です。
ただ、妊娠中は、体重の増加の他に、ホルモンのバランスが崩れて肌が乾燥しやすくなったり、痒みなども起こしたりすることも、妊娠線と無関係ではないので、その部分を、妊娠線予防クリームを使用することで、予防できるのではないかと考えられます。
妊娠線予防クリームで、肌の保湿を図り、痒みをおこさせないようにしてあげると、いくらかは妊娠線が出来難くすることは出来るのではないかと思われます。
つまり、保湿効果があるなら、妊娠線予防クリームでなくても、いつも使っているマッサージクリームや保湿クリームでも悪くはありません。
ただ、妊娠線予防クリームの場合、妊娠中の女性に特化した形で作られているということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。